森田君とお母さん(茅ヶ崎アスレチック)

morita森田君とお母さん(茅ヶ崎アスレチック)

現在小3の息子は1年生の時よりSCDにお世話になっております。3歳の時に罹患した病気の関係で心臓に軽い後遺症があり、心臓を強くするにはどうしたらよいか考えていた母にとって、走ること=スタミナがつく=心臓も強くなるのでは!?と思い体験から参加しました。

コーチ達には茅ヶ崎スクールに関してのお願いをはじめ、いろいろとご尽力いただき、ありがたく今日まで続けられております。やさしく・楽しく・わかりやすい、というレッスンの積み重ねのお陰で、マラソン大会へ参加した際は入賞したり、上位に食い込めたりと、大きな自信をつけて頂きました。

所属しているミニバスでもスタミナがある、と言われ、心臓の検査でもスポーツ心臓に近く、後遺症の心配もほぼ無い、と言われ、本当に感謝しております。今後も益々、走ることからスポーツを楽しんでもらえれば、と思っております。

関連する記事

Published in voice on 2014/12/25 at 9:26 PM by scd