杭田君とお母さん(湘南アスレチッククラブ)

kuita杭田君とお母さん(湘南アスレチッククラブ)

初回の指導から変化が感じられる習い事。それが走り方教室でした。入会のきっかけは友人から頂いた教室開催のフライヤーでした。

兼ねてから息子の気持ちのみ先走ったようなフォームに疑問を持っていた母親の私にはまさに朗報。他の友人にも声をかけて体験に参加したところ、子供を飽きさせず、楽しませながら指導してくださる雰囲気に子供が惹きつけられ、そのまま入会しました。

最初の練習でいきなり膝が上がって、ストライドの大きな走り方にフォームが変わったのにはとにかく驚きました。走り方だけでなくドッジボールや鬼ごっこなど身近な遊びを練習に取り入れてくださったり、運動会のリレーの選手決めの直前には本番を想定したタイム取りをしてくださったり、とにかく子供の気持ちをつかんで離さない週1回の教室に親子でメロメロです。

息子がもっともっとかっこよく走れるよう、一生懸命応援していきたいと思いますので、これからもご指導よろしくお願いします。

関連する記事

Published in voice on 2012/12/17 at 5:19 PM by scd