2016神奈川県CJY【U-15リーグ】第3節

その場の環境に対応することの大切さ

2016神奈川県CJY【U-15リーグ】第3節

神明台グラウンド 9月24日(土)
SCDジュニアユース
-
ヴィクトワール
  • img_0913
  • img_1349
  • img_2752
  • img_4174
  • img_1349
  • img_1886
  • img_0913
  • img_1349
  • img_2752
  • img_4174
  • img_1349
  • img_1886

9月24日(土)は、神明台グラウンドにてU-15リーグが行われました。当日の豪雨でグラウンドコンディションが非常に悪く、普段のサッカーができる環境ではない中で、その日の状況に合わせて試合を運べるかが試される試合となりました。しかし、水たまりが多いグラウンドコンディションになかなか思い通りに運べない試合展開となり、短いパスでボールをつなぎ、水たまりで止まったり、ドリブルでなかなかボールを運ぶ事が出来ず、前半は思い通りに試合を進めることが出来ませんでした。
しかし、ハーフタイムでは、前半の試合を通して、どのようなプレーがピンチになっているのか、逆にボールをどこに運んだときにチャンスになっているのかをもう一度全員で理解して後半に望みました。そうすると、ボールの出し手と受けてのタイミングが合い始め、前半よりもチャンスを作ることが出来る様になってきました。今回の試合を通して、その日その日によって、相手のサッカー、グラウンドコンディションが変わる中で、常に最善のプレーが出来るかが今後の課題になりました。中学生3年生にとっては、残り僅かな公式戦になってきましたが、受験勉強との両立をして、最後までSCDらしく全員で闘っていこう!!

関連する記事

Published in jr-youth on 2016/10/20 at 12:04 PM by scd