あつぎスポーツレクリーエーションフェスティバル開催

SCD走り方教室×オリンピック選手

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06

11月28日(土)厚木市荻野運動公園にてスポーツレクリーエーションが開催されました。荻野運動公園全域を使ってテニスや卓球、ニュースポーツや体力測定など様々なスポーツが体験できる楽しいイベントです。

SCDは陸上競技場をお借りして、「幼児運動教室」「幼児サッカー教室」「走り方教室」の3教室を実施。幼児教室では各スクール50名、述べ100名の幼児の方にご参加頂きました。荻野運動公園の気持ちのいい芝生の上を元気いっぱいに走り回る子ども達。笑い声や喜ぶ声がたくさん聞こえて、コーチ達も楽しかったです。

お昼をはさんで、午後は小学生以上対象の走り方教室を実施。今年も世界陸上日本代表選手、岸本鷹幸選手(富士通陸上部)をお招きして100名を越える子ども達と一緒に走って頂きました。

走り方教室でのキーワードは「姿勢」と「腕振り」。遊びを多く取り入れたトレーニングを行い、岸本選手の「脳トレ」腕振り練習では子ども達もさすがに苦戦?と思いきや、回数を重ねるごとにすぐに上達していきました。

練習最後にはハードル(岸本選手)VS100m(子ども達)。オリンピック選手の生の走りを見れて、みんな驚いていました。練習後はオリンピック選手に質問コーナー!ボルトについてや、好きな食べ物、使っているシャンプーなど、ためになったのか、ならなかったのかわからない子どもらしい質問がたくさん飛び交いました。

練習後にはSCDアスリートクラブの選手に個別ハードルレッスン!股関節の可動域を広げるハードルドリルやハードルの飛び方など細かい点を指導して頂きました。中学生の頃には種目を決めつけるのではなく、様々な種目にチャレンジすることが大切です。ハードル以外の選手でも、ハードルの動きが活かせるからです。軸となる種目を決めつつ、様々な種目に失敗を恐れずチャレンジしていきたいと思います。

天候にも恵まれ、1日を通して楽しく体を動かすことができました。ご参加頂きました、子ども達や保護者の皆様、本当にありがとうございます。また、各教室ともジュニアユースやアスリートクラブの選手のみんなにもお手伝いをして頂きました。本当にありがとうございます。

岸本選手。今年も講師を引き受けて頂き、本当にありがとうございます。来年も是非、よろしくお願い致します。来年はリオオリンピックが開催されます。岸本選手をみんなで応援しよう!!

関連する記事

Published in athlete on 2015/12/06 at 3:12 PM by scd