神奈川県小学生混成競技記録会2015

アスリートクラブのジュニアチーム。こちらも大活躍です。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 01
  • 02
  • 03

11月3日(火)小田原城山競技場にて行われた「神奈川県小学生混成競技記録会」に参加しました。SCDからはふうき君、りゅうせい君、こうめい君、みつき君、かいり君、ひかる君、あいりさん、あゆみさんの合計8名の選手が出場。

混成競技は1日3種目を行い、その総合得点で競う競技です。昨年の今大会で、アスリートクラブ所属の宮下ゆりかさん(厚木AC卒)が大会新記録で優勝した大会です。今年も大会新記録は破られませんでした。

前日の寒い気温から一転、雲のない温かい1日で陸上日和。この大会はグループ毎に分かれて行動し、進行状況によりスケジュールを変更する特殊な大会。自分で集合時間を聞いて、それに合わせてウォームアップを行う必要があります。温かいとはいえ、じっとしていると冷たい風で体温が下がってしまいます。

それを気づいてでしょうか。SCDの選手が自らボールを投げたり、ウロチョロ散歩?鬼ごっこしたりと身体を暖めていました。さすがです、、

この日の為に、跳躍種目の練習を土日に行い、助走を調整してきました。当日になって、「距離を伸ばしたい」「スピードを上げたい」と選手自ら発言してマークをずらしていきました。できる限り遠くに跳ぶために、自分で考えてチャレンジすることは大切です。全体的に記憶も高く、ふうき君は全体で1位となる4m53cmの大ジャンプに成功!踏切前で加速が終わらないように、リズムや加速の方法を意識し、一番いいタイミングで踏み切る事を意識しました。イメージ通りの跳躍ができたのではないかと思います!土日の練習で苦手のハードルの練習を行い、昨年と違いハードル間を3歩で走り抜け上位の順位でゴール。大会新記録に迫る堂々の1位でした!

投擲種目においては、全身を大きく使い、全体的に見ても高い記録を出す事ができました。中でもりゅうせい君は全選手の中で1位となる52m80cmを投げる事ができました。そのほかの種目でも高い記録を出し、3位入賞を果たしました。

5年生参加者の中ではひかる君が100mにおいて大幅な自己新記録を出し、15秒67でゴール。最初にリードをゆるす展開でしたが、諦めずに全力をだしきり後半のスピードが落ちる事なく走りきりました。次回の大会でも、どんな記録が出るか楽しみです。

この大会をもって年内の短距離種目の大会は終了しました。やはり走るだけではなく、体を上手に使いこなし、投げる動作や跳ぶ動作が強い選手は足も速い印象をうけました。競争も大事ですが、もっともっとたくさんの動きを子供たちに経験させていきたいと思います。

次回は3月頃になります。その間はマラソン大会が多くありますので、ぜひご参加ください。
冬の間に体力を増やして、来年も大暴れしましょう!

関連する記事

Published in athlete on 2015/11/10 at 9:57 PM by scd