北相陸上競技大会2015

アスリートクラブ秋の陸上大会

20151022北相陸上競技大会2015

10月18日(土)相模原ギオンスタジアムにて北相陸上大会に出場しました。今大会は相模原市近辺の地域(厚木、海老名、大和、座間等)の中学校、高校、クラブチームが出場する大きな大会です。

陸上大会にもようやく慣れ始め、自分の出場時間に合わせてウォーミングアップの開始時間を決めたり、気温や体調に合わせてウォームアップの量を調節したりと成長を感じました。

最初の種目は女子走幅跳に宮下さんが出場。最近では記録が伸び悩み、今回は思い切って助走の歩数を減らし、試合に臨みました。リズムも良く、思いっきり踏み切ることができました。2本目に大ジャンプをしましたが、着地でミスをしてしまい4m77cm。しかし、ジャンプ自体は5mを大きく超える跳躍。記録自体も本来の自己ベストと変わらない記録。本人も手応えを感じているようでした。3年生も参加する中で、全体1位で競技終了。

2種目目は川瀬君が男子100mに出場。前回は前半で硬くなってしまったので、スタートから中盤にかけて焦らず自分のレースを心がけました。最初にリードを奪われた後、諦めずに自分のレースに集中した結果、13秒24という素晴らしいタイムを叩き出しました。今回のレース終了からしばらく大会はありませんが、この冬でまた体を鍛え直し、来シーズンも頑張りましょう!

そして今回は高校生の部にて、女子1500mに三橋さんが出場しました。シーズン途中での参加でしたが、少しづつ練習を重ねようやく大会に出れる程、体力が戻ってきました。レース序盤、スピードの速い選手に果敢に挑みました。途中スピードが落ちましたが最後もう一度立て直し4位でフィニッシュ。久しぶりのレースでしたが、楽しく競技復帰できてよかったです。

女子走高跳には安西さんが出場。助走と空中姿勢が安定せず、跳躍が噛み合わない様子でした。しかし。調子が悪い中でもなんとか記録を伸ばそうと良い記録を出した時のリズムと踏切を思い出しながらなんとか130cmまでクリアできました。135cmは惜しくも落としてしまいましたが次の大会までに修正して自己ベストを狙います。

残りの試合も少なくなってきました。陸上選手の冬は大会も少なく、体を鍛える日々が続きます。ストレスもたまり、春先に記録が伸びるとも限りません。先が見えない状況で、練習を闇雲に行うのではなく、今年見つけた自分の課題を明確にし、来シーズンに向けて何が必要なのかを見出しトレーニングを実施する必要があります。

課題を明確にするために、残された試合で全力を出し切りましょう!何も考えず練習したり、試合に出るだけではもったいないです。理想の自分を見つけよう!

川瀬ゆうき 100m 記録 13秒24 (追風2.7m)
安西あやの 走高跳 記録 1m30cm 4位
三橋ゆめ 1500m 記録 5:57:27 4位
宮下ゆりか 走幅跳 記録4m77cm(追風1.3)1位
渡辺しんや 三段跳 記録 13m71cm 準優勝

関連する記事

Published in athlete on 2015/10/22 at 9:58 PM by scd