東京スポーツ祭典陸上競技大会2015

  • 01
  • 02
  • 01
  • 02

アスリートクラブ、秋の大会2試合目。東京都にある駒沢オリンピック公園陸上競技場にて行われた、東京スポーツ祭典陸上競技会に出場してきました。

気温も高く、風も心地いい程の温度と強さでとても走りやすく、好記録が出そうな雰囲気。今大会にはアスリートクラブのゆうき君とあやのさんと渡辺コーチの3名が参加しました。アスリートクラブは中学生以上から参加できるため、現在は高校生や社会人としての登録も行い活動しています。

最初の種目は男子中学100mにゆうき君が出場。最近の練習では前半の加速からストライドを伸ばし、体全身を使った大きな走りを意識してきました。今日のレースではスタートで体の起き上がりが早かったものの、レース中盤では最近練習で意識している体を大きく使った走りができていました。自己ベストを更新し、組では2着。全体の13位で決勝進出は逃したものの、2年生3年生と同じカテゴリーのレースで自分の実力を出せたことは本当に素晴らしい事です。次の大会に向けて、さらなるレベルアップを図りましょう!

次の種目は女子走幅跳です。この種目にはあやのさんが出場。いつもは走高跳のみに出場していましたが、今回は1日で2種目にチャレンジしました!
まずはウォーミングアップ。今日は気温自体は高いものの風は少し冷たい気候でした。それを察知してか、ウォーミングアップでは肌の露出を抑え、長袖、長ズボンの準備ができていました。大会に向けての準備や意識が高くなった事に驚きました。

そして、試合が始まるとスピードを活かした跳躍で1本目から自己ベストを更新。そして踏切板のかなり手前から跳んでいたため試合中にもっと記録が上がると思いました。しかし、体の調子がどんどんよくなり、踏切が中々合う事ができませんでした。しかし、その中でも全体の4位で初の決勝進出!試合中でも体が冷めないように長袖を着たり、腿上げを行い跳躍のイメージを作りながら決勝に臨みました。そして、最後の1本で4m40cmを跳び、自己ベストを40cmも更新!順位は惜しくも4位でメダルを逃しましたが、記録をあげるために一生懸命努力できた事に価値があると思います。

2種目の走高跳では走幅跳の直後のため、ウォーミングアップもなしにそのまま試合場所へ移動しました。走幅跳で4位になりメダルを逃したせいか、気合が入っていました。高い集中力を残したまま、跳躍開始。今回の走高跳は中学の部がなかったため、中学生〜社会人の部にエントリー。いつもは低い高さから始める大会も今回は最初の一本目から1m25cm。しかし、お構いなしにどんどんクリアし、ノーミスで1m40cmに挑戦!一本目は惜しくも空回りしてしまいましたが、2本目で余裕で跳び越える事ができました。そして1m45cmにチャレンジ!残念ながら跳び越える事ができませんでしたが、3本ともすべて惜しい跳躍でした。順位は惜しくも4位でまたもメダルは逃しましたが、上のカテゴリーの部で入賞は素晴らしい結果です!

大会を終えて、自己ベストを大幅に更新しましたが満足はできていない様子でした。試合が終わった直後に陸上ノートに今日の反省や助走の距離を書き込み、次の大会にむけての準備が始まっていました。最初はさぼりがち?だった陸上ノートもこまめに書いている様子でした。同じ仲間でもっと高い記録を持っている選手や、同じ学年でもっと上の大会で活躍している選手が身近にいる事がやる気につながっているようです。

その陸上ノートが3年後、10年後と大きな財産となります。是非、続けてください!今日は朝早くから遠いところでの遠征お疲れ様でした!次の目標にむけてまた頑張りましょう!

川瀬ゆうき 100m 記録 13秒47 (向風1.7m)13位
安西あやの 走幅跳 記録 4m40cm(追風0.8) 入賞/ 走高跳 記録1m40cm 4位入賞
渡辺しんや 三段跳 記録 14m08cm 4位入賞

関連する記事

Published in athlete on 2015/10/03 at 9:31 PM by scd