神奈川県中学校選抜陸上競技大会2015

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04

7月4日〜5日にニッパツ三ツ沢陸上競技場にて行われた、神奈川県中学選抜陸上大会に出場しました。各地区大会を突破した選手が出場できる大会になります。

今大会で決められた記録を出す事で、全国大会に出場する事ができます。たとえ優勝しても、記録を突破しないと全国大会には出場する事ができません。中学3年生時にこの大会で記録を突破できるようにトレーニングを行いたいと思います。

SCDアスリートクラブに所属するあやのさん(玉川中)とゆりかさん(南毛利中)が今大会に出場しました。初日は二人とも低学年リレーに出場。2年生2人と1年生2人の4人でチームを組みバトンをつなぐリレーです。学年差もあり、まだチームに加入して間もないせいか、バトンを綺麗につなぐ事はできませんでしたが、あやのさんは2走、ゆりかさんは3走の仕事を果たす事ができました。前走者のスピードやコンディション、自分自身のコンディションを考慮し、飛び出すタイミングを練習の中で発見していけばもっといいタイムが出ると感じました。

二日目はゆりかさんが1年生走幅跳に出場。県央地区予選では2位通過と同時に大会前の神奈川県ランキングも2位。
大雨警報が出る中、気温もそれほど上がらない中でのウォームアップでしたが、体温を下げないように体を仕上げていきました。試合中には笑顔がみれるほど、余裕を持って試合に入る事ができていました。

今大会に向けては、よりスピードを活かした跳躍を行うために助走歩数を増やし、早い動きのなかで強く踏み切る事を練習してきました。平日の練習の中ではよりスピードを上げるため、4月〜6月まで加速練習と走力練習も行ってきました。杉本コーチとも相談し、腕振りや腿上げを助走/踏切に活かす走りを助走練習でも走力練習でも意識して行いました。その結果、助走の中間での加速は4月の試合の頃と比べると格段に良くなりました。
記録は4m84(向かい風0.4m)公認記録で大幅自己ベストを更新する事ができました。この記録は昨年の関東1年生女子走幅跳において3位相当の記録になります。全国大会出場条件は5m40cm。来年はこの記録に挑戦します。アスリートクラブでは地味できつい練習が多いですが、こつこつ努力を重ね結果につながる事ができました。
2、3年生の時に全国大会出場するために、これからも種目に偏った練習するのではなく様々なトレーニングを取り入れていきたいと思います。

2週間後に行われる大会で3位入賞すれば、関東大会に出場する事ができます。また、8月に行われるジュニアオリンピック予選会で優勝する事で全国大会に出場することができます。どちらも出場すればSCD初です。

SCDアスリートクラブに所属する選手は全員がSCDアスレチッククラブの卒業生です。挑戦を続けるSCDファミリーの一員として、是非応援の程、よろしくお願い申し上げます。

宮下ゆりか 1年生走幅跳 記録 4m84cm 優勝

関連する記事

Published in athlete on 2015/07/05 at 8:03 PM by scd