厚木市陸上選手権大会2015

  • 01
  • 03
  • 02
  • 04
  • 05
  • 06
  • 01
  • 03
  • 02
  • 04
  • 05
  • 06

2015年6月14日(日)厚木市荻野運動公園陸上競技場にて、厚木市陸上選手権大会が行われました。今大会には小学生100mに加えて、SCDアスリートクラブに所属する選手3名が出場致しました。

少し蒸し暑く、風向きが読めず難しい天候ですが、今大会にも多くの選手が出場致しました。
100mに挑戦して小学生のテーマはスタート。練習後にスターティングブロックを使った練習を行い、スタートの飛び出しを確認しました。

つよい向かい風の中、最初の数歩を前傾姿勢で力強く飛び出せた子もいれば、風におされて記録が伸びなかった選手もいました。また、緊張した状態で、いつもよりも起き上がりが早く、腕振りと足のあがるタイミングがずれてしまった選手もいました。緊張した状態でも、いい走りをするためには、練習で自信をつけて多くのレースをこなしていく必要があります。今大会はレース経験も多く、自信をつけて臨んだ6年生がいい走りをしたと思います。
次回大会でベスト記録を出すために、個人で見つけた課題を克服しよう!

そして、中学生の部では100mにゆうき君が出場。
中学生になって初めてのレース。ウォーミングアップ中からも緊張している様子でしたが、スタートでは反応良く飛び出すことができました。同じ組には中学2、3年生しかおらず、前半から大きく突き放されてしまいました。しかし、諦めることなく全力で駆け抜け、13秒76と自己ベストを更新。今回は予選落ちでしたが、レースを楽しむことができました。次回大会にむけて修正していきたいと思います。

そして走幅跳にはゆりかさんが出場。
今大会は1〜3年生が同じ部に出場し、厚木市1位を決める大会のため2、3年生を交えての試合。
来月行われる県大会出場が決まっているため、今大会は新しい助走を試してみました。安定はしませんでしたが、加速の流れから踏切までスムーズになりました。総合では準優勝でした。助走合わせでは、風の強さや風向き、自分のコンディションなど様々なことを考え、その日一番飛びやすい助走を作り上げなくてはなりません。そのためにはただ試合に出るのではなく、試合後の反省が大事です。その日の試合までの流れ(起床時間から試合前1週間のメニュー、ウォーミングアップのメニュー)や練習の助走距離と試合後にどれだけ助走が伸びたのか?反省する材料を自分自信で見つけて、次回の大会までの流れを作る必要があります。次回大会にむけて、また課題を克服しましょう!

走高跳にはあやのさんが出場。
中学走高跳びにはSCDから初出場。中学生からは新しく「背面跳び」での跳躍が可能になりますので、今大会にむけて曲線を描いた助走から踏切まで練習しました。練習では125cmまで飛ぶことができましたが今大会には135cmを飛ぶことができ3位入賞することができました。バーが高くなるにつれて、緊張してしまうことがありますが、自己ベストを跳んでも焦ることなく自分のリズムで飛ぶことができました。140cmにチャレンジしましたが、高さは超えていましたが、惜しくもバーに当たってしまい落としてしまいました。初出場で自己ベストを大きく更新できた事は本当に素晴らしい事です。次回はもっと高く飛べるように、踏み切ってからの動作の習得を目指そう!

小学生だけでなくアスリートクラブの応援をしてくださった保護者様や子ども達、本当にありがとうございました。選手にとって、皆様の声援は本当に力になります。今後も同じ大会に出る際には、是非応援していただけたらと思います。

来月は小学生、中学生共に大切な大会が控えております。アスレチッククラブ、アスリートクラブの応援、よろしくお願い申し上げます。

宮下ゆりか 走幅跳 記録 4m59cm ※追い風参考 準優勝
川瀬ゆうき 100m 記録 13秒76
渡辺しんや 走幅跳 記録 6m76cm
安西あやの 走高跳 記録 1m35cm 第3位

関連する記事

Published in athlete on 2015/06/14 at 7:47 PM by scd