2015チビリンピック

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 07
  • 06
  • 09
  • 08
  • 10
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 07
  • 06
  • 09
  • 08
  • 10

2015年5月5日(火)日産スタジアムで開催されるJA杯、チビリンピックに今年も出場いたしました。今年は4、5、6年生の部のリレーに全て出場しました。

個人種目においては、朝一番の種目の親子マラソン、低学年50m走、高学年100m走、ミニマラソン(2km)に出場。残念ながら個人種目において決勝進出者はいませんでしたが、全体のタイムの上位にランクインすることができました。しかし、今大会は各組の1位しか決勝出場ができないため、悔しい結果になってしまいました。

親子マラソンでは、1kmのコースを楽しそうに走っている姿が印象的でした。W杯やその他陸上の日本選手権などが行われる国際競技場を走れることは本当に良い経験だと思います。また、親子マラソンではシドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子選手とハイタッチしてのゴール!笑顔のフィニィッシュでした。

ミニマラソン(2km)にはかいり君とあゆみちゃんが出場。二人とも厚木市の月例マラソンの優勝者であり、かなりの実力者。しかし、スタートの勢いにのまれ、自分のレースを行うことができませんでした。しかし、後半の粘りはいつも通りの走りができていたと思います。秋に向けてスピードをもっと磨いていきたいと思います。

そして、リレーには4、5、6年生の部にそれぞれ1チームずつ出場。通常の練習後に、毎晩遅くまで練習をおこなってきました。
予選の動きは緊張のせいか、動きが硬く本来の力を発揮することができませんでした。バトンミスも目立ちましたが、個人のミスを仲間が救ってくれました。なんと全学年のSCDチームが決勝に残る快挙!

本当は走りたかった仲間のためにも、遅くまで一緒に残って支えてくれた保護者の方のためにも「全力を出し切る」ことを誓いスタートに向かいました。4年生チームは予選でのバトンミスがなくなり、準優勝という快挙!5年生に関しては8レーンと走りにくい状況でも果敢に挑み、4位入賞。6年生もゴール寸前まで順位がわからない大接戦。結果は4位入賞でしたが、練習でも出したことがない、58秒台をマークしました。

たくさん練習をしました。子供達だけで話し合って色々な方法を試しました。その結果、練習でマークしたタイムよりも、全チームが4秒近くも縮める事ができました。今日は本当に全力を出しきりました!本当にお疲れ様でした。

今回の大会に向けて、様々な方々にご協力いただきました。選考大会をお手伝いして頂いた厚木陸協の方々。選考会では惜しくも負けてしまったけど、最後まで大きな応援をしてくれた仲間達。練習後、遅い時間まで送迎して頂いた保護者の方々。そして、アスレチック陸上クラブのユニフォーム作成に協力してくださった陸上オリンピック日本代表、金丸祐三選手(大塚製薬)。本当にありがとうございました!今後ともアスレチッククラブをよろしくお願い申し上げます。

関連する記事

Published in athlete on 2015/05/05 at 7:27 PM by scd