法政陸上記録会

  • 01
  • 02
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 01
  • 02
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08

第64回法政大学対明治大学の定期対抗戦にSCDの小学生たちが記録会の部に出場しました。法政大学には厚木市総合型地域スポーツクラブ「SCDスポーツクラブ」と同じ様に、町田市の総合型地域スポーツクラブ「法政クラブ」が拠点として活動しており、今回は法政クラブと一緒に対戦させて頂きました。

法政クラブでは総勢100名程のクラブ生がおり、毎年東京都の大会で好成績を残している陸上クラブです。SCD以外の陸上クラブの子どもたちと走る事は本当に良い経験になります。今回100m東京都で決勝に残った選手と走ることができました。唯一100mに出場した、たいと君(5年)は前日に引き続き陸上競技会に参加になりました。周りを6年生に囲まれてのレースにも関わらず良い飛び出しでした。後半は引き離されたものの、くさることなく最後まで全力で走り切れた事は本当に素晴らしい事です!今後も続けていきましょう!

また、走幅跳にはひろと君が参戦!2日連続の走幅跳に挑戦です。前日の大会では足が合わず、記録が残せないまま終了。しかし!今日は助走ぴったりでぐんぐん記録を伸ばしていきました。前日の反省を活かして跳ぶことができ、試合中に着地までできるようになりました。結果に落ち込むことなく、次に繋げていい結果を生み出せたことは本当に良かったです!また、新たに目標設定し、目標達成に向けて練習していきましょう!

そして、この大会は大学陸上界のトップ「法政大学」と「明治大学」の大学生選手やOBが出場しています。今大会には世界選手権リレーで日本代表になった「大瀬戸一馬選手」と2011、2013ハードル日本チャンピオン「矢澤航選手(デサントTC)」が出場。この他にも100mを10秒台で走る選手や、7mを跳ぶ走幅跳選手など普段決して見ることのできないスピードやジャンプを見ることができました。子どもたちは、もっと速くなりたい!遠くに跳びたいという気持ちが更に強くなったようでした。

今大会で3年連続で出場させて頂きました。また、法政大学陸上競技部様には試合の他にも、中学生合同練習や、法政大学出身のトップアスリートによる陸上教室などいつも大変お世話になっております。また、明治大学の学生の方にもいつも子どもたちが走っているときに声援を頂き、本当にありがとうございます。この大会をきっかけに、子どもたちが更に陸上競技に興味を持ち、発展に繋げていければと思います。今後とも、是非よろしくお願い申しあげます。

矢澤航選手

04

神奈川県出身アスリート
法政二高(神奈川)→法政大学→デサントTC
〜主な大会成績〜
全日本中学選手権 優勝
インターハイ 優勝
日本選手権2011、2013 優勝

大瀬戸一馬選手

03

福岡県出身アスリート
〜主な大会成績〜
全国小学生大会出場
全日本中学選手権 優勝
インターハイ 優勝 ※高校3年時には当時高校新記録を樹立(100m/10″23)
日本選手権2014 4位
日本学生個人選手権 優勝

関連する記事

Published in athlete on 2014/07/13 at 8:00 PM by scd