チビリンピック開催

2014年5月5日(月) in 日産スタジアム

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10

昨年に引き続き、JA主催のチビリンピックに出場しました。今年は21名もの子どもたちが参加しました。参加種目は親子マラソン、50m(1〜3年生)100m(4〜6年生)、ミニマラソン(2km)、400mリレー(4年生、5年生チーム)です。昨年は好タイムで決勝進出かと思われましたが、着順差でわずかに決勝進出がないませんでした。「今年こそは決勝に!!」と、この大会に強い思いを持って参加していました。今回は厚木ACだけではなく、湘南、海老名の子どもたちも参加し、総力戦での挑んできました。

天候は晴れではありませんでしたが、心地よい気温で、風も穏やかな走りやすい気候でした。親子マラソンでは笑顔で走る親子が印象的で、楽しみながら「W杯決勝の地、日産スタジアム」を一周。
そして、マラソンの後はリレー予選です。先ずは先陣をきって4年生チームの出場です。先輩たちが昨年チャレンジし、予選落ちになってしまったこの種目を予選組3位で終えました。審議が長引き予選落ちかと思われた矢先、予選通過の連絡が!いい流れをSCD全体に渡してくれました。5年生チームでは一走からエンジン全開!密かに練習したバトンパスも決まり、接戦をものにし予選全組の中で1位通過を果たしました。

リレー予選後は各個人種目に出場。全国規模での募集大会のため全国の足自慢が集うこの大会。やはり簡単には勝たせてくれませんでした。しかし、たとえ引き離されようとも、全力で追いかけ、ゴールを目指す姿を見て感動することができました。残念ながら個人種目の決勝出場は叶いませんでしたが、個人の課題を発見できた同時に、子どもたちも今後の目標が発見できたのではないかと思います。

そして決勝の4年生リレーメンバー
1走 松木光(海老名AC)2走 伊藤かいり(厚木AC)3走 遠藤こうめい(厚木AC)4走 細野かいり(厚木AC)
個人種目ではマラソンにも出場し、疲労が溜まった状態でのスタートになりましたが、力強い走りでゴールすることができました。結果は6位入賞。大健闘です!!この大舞台で思う存分力を発揮できたことは、ものすごい価値があることだと思います!

5年生リレーメンバー
1走 成瀬たいと(厚木AC)2走 河内ふうき(厚木AC)3走 小室りゅうせい(厚木AC)4走 松尾こうた(厚木AC)
予選では全体1位。しかし彼らに油断の文字はありません。スタート前はリレーキャプテンのりゅうせい君が全員に声をかけ、円陣を行ないました。練習やレースを経験し、子どもたちの絆は増々強くなりました。一走から他を圧倒する走りを披露。バトンミスもありましたがすぐに自分たちの足で挽回しました。アンカーのこうた君にトップでバトンが渡り、そのままゴール!!見事優勝することができました。

始めは少数での陸上大会参加でしたが、最近では本当に多くの子どもたちが陸上大会に参加して頂き、ついにはリレーが二学年も組めるまでに至りました。今回のこのような大きな規模での大会で優勝「1」と入賞「1」は今後のSCDにとって大きな励みになります。

日頃のみんなの練習の成果が実った、今日5月5日を一生忘れられない日になりました。本当にありがとうございます。また、更なる高みを目指して頑張っていきましょう!!

関連する記事

Published in athlete on 2014/05/06 at 12:02 AM by scd