ビーチクリーン大作戦 &初蹴り&初走り(2014年2月号:湘南版)

平成26年1月21日発行 2月号 第21部 制作者:渡辺

  • 01
  • 03
  • 04
  • 02
  • 01
  • 03
  • 04
  • 02

ビーチクリーン大作戦&初蹴り&初走り

新年最初のイベント、ビーチクリーン大作戦&初蹴り、初走りを行いました。ビーチクリーン大作戦と同時にビーチマネーコンテストを開催し、海岸に落ちているビーチマネー(ガラスの漂流物が波によって削られてできるビーチグラス)を探しながら楽しく清掃活動ができました。その後は自分たちがキレイにした砂浜でビーチサッカーを開催。特別ゲストとして、永井雄一郎選手(元サッカー日本代表)と小牧正幸選手(ビーチサッカー日本代表)を招いてのビーチサッカー大会は幼児から保護者の方まで参加して頂き、盛り上がるイベントとなりました。今年一年もみんなで楽しめるイベントを企画しておりますので、ぜひご参加下さい。本年も宜しくお願い申し上げます。
※イベントの様子はプロカメラマンの方に撮影して頂きました。写真購入をすることができますので、別紙にてIDとパスワードをご確認ください。

サッカースクール

[月曜日クラス]
現在は、思い切ってプレ-する事に重点をおいています。
どんな相手だろうがチャレンジする姿勢、奪われたら奪い返す姿勢、常にゴールを目指す姿勢。
そして全身を使って思い切って蹴る事など、まずは全力でプレ-する事の大切さを感じてもらっています。最初は遠慮がちだった子が、今では倒れかけてもすぐ立ち勝負しにいく姿を見ると、子どもの成長の早さを感じました。沢山ボールに触れ、サッカーが大好き!もっと上手くなりたい!と思えるような環境を作っていきたいと思います!

[水曜日]
運動能力向上TRの後は、沢山試合ができるようにしています。ただ単純に試合をこなすだけではなく、常にテーマを与えていますが「今日は何を意識する?」と聞くと「ドリブルをたくさんする!点を決める!相手を騙す!」など、今まで練習してきた事をきちんと覚えてくれています。考えて練習できている証ですね!個人でテーマを考えチャレンジする。失敗したら原因を考えて、またチャレンジする。低学年のうちからこれができていれば必ず上手くなります!!!全力でチャレンジ!全力でサッカーを楽しみましょう!

幼児サッカークラブ

[年長]
サッカーの基本である、ボールを『止める、蹴る、運ぶ』のレベルが一段と向上しています。さらに、サッカーを通して仲間を助けるプレーや声かけが随所に垣間みることができ、人間性の部分でも、大きく成長していることが実感できています。幼児でのサッカー大会も残り一つ!最後に良い思い出を残せるためにも、今を全力で駆け抜けよう!!!

湘南アスレチッククラブ

今月のテーマは『サーキットトレーニング』です。ステップ、ジャンプ、反応など様々なトレーニングを行い、運動能力向上を目指します。初めて行うトレーニングが出来なくて、諦めてしまいそうになる子がいます。諦めてしまうと、すべてにおいて力になりません。自分の力で考え、チャレンジをし、失敗を繰り返すことで、成功を学びます。子どもたちが最後まで諦めずチャレンジし続けられるように、サポートしていきます。駅伝に向けての練習も同時に行っていきます。

茅ヶ崎アスレチッククラブ

今月のテーマは『全身運動』です。体全身を大きく使えるようになるために、ボール投げ、ジャンプ、ダッシュなどのトレーニングを行っています。体を小さく速く動かすことが出来る子が多くいますが、体を大きく速く動かすことの出来る子は多くいません。体を大きく使えるようになると、運動能力が向上し、スピードとパワーが生まれます。みんなで元気にトレーニングを行い、ダイナミックに体を使えるように、サポートしていきます。

ジュニアユース

第1期生としてSCDの歴史を創ってくれている今の2年生は、いつの間にか4月から3年生です。新3年生はSCDとして戦う最後の年、新2年生は先輩達とサッカーができる最後の年。最高の仲間と共に笑って引退できるように練習内容もレベルUPしてきました。ずっと積み重ねてきたスタイルを基本とし、今は戦術練習を行っています。守備の対応から攻撃まで、チームとして戦えるようになる為、今全員で確認し合っている段階です。やはり一番大切なのは「考える事」と「要求し合う事」。個人としてはもちろんだが、組織として強くなるためにはみんなの意見を要求し合わないといけない!時には言い合いになってもOK!みんなで話し合い最高のチームを創っていきましょう。

マラソンクラブ(大人)

茅ヶ崎しおさい広場にて潮風を浴びながら、楽しくランニングをしています。『速く•ラクに•キレイ』に走るための、基礎トレーニングを行い、体幹トレーニング、シェイプアップトレーニングも同時に行っています。まずは、ロードレース大会を目標に、頑張っていきます。皆様のご参加お待ちしております。

個人スクール厚木(サッカー)

今月は先月のテーマでもある『1対1の目の前の敵に負けない』から試合(ゲーム形式)においてそれを実践出来るかをテーマに行いました。12月で年の終わりという事もあり、ゲーム形式を沢山行いその中で何が出来て何が出来ないのかを感じ、来年に向けてトレーニングを行いました。日々の積み重ねが出来なければ個人スクールに来る意味がない!更なるレベルアップの為に厳しいトレーニングを行っています。

個人スクール(アスレチック)

基本動作の確認を行い、200m4本を70%の力で走る練習を行ないました。全力ですべて走るのではなく、自分の身体をコントロールし、決められたタイムでゴールすることで自分自身の身体の使い方を覚えてもらうことを目的としました。また、後半疲れてくるタイミングで、がむしゃらに走るのではなく、疲れた時に走り方を意識することで、フォーム改善を図りました。昨年より行なっている200m走の結果、体力、スピード共に向上してきたため、1月、2月はより強度の高い練習と技術の習得を目指して練習を行ないたいと思います。

【保護者様からの声】厚木サッカースクール / 堀さん

hori

SCDに入会して1年になります。人見知りの光輝は不安いっぱいでしたが、笑顔で迎えてくれるコーチ達のおかげで楽しく安心して通っています。SCDの一員になり、性格も明るく、何事にも積極的に取り組む様になりました。練習もサッカーの技術はもちろんですが、正しい姿勢や走り方も教えて頂き、走ることも好きになりました。楽しい中でも自分なりに考え、目標をしっかり持ち、練習に行く姿は成長の証だと思います。昨年はMIP賞にも選んで頂き、親子で喜びました。MIP賞に満足するのではなく、活力に変えて前に進んでもらいたいです。

SCDの新しいチーム「はやぶさ」にも入会します。9月ぐらいから活動し、遠征や練習試合など仲間同士で話し合い、色々なことも決めている姿はとても心強く感じます。出来たばかりのチームですので、どんなチームになるか楽しみです。今年も個性豊かなコーチ達に楽しく、時には厳しく指導して頂きたいと思います。

【保護者様からの素朴な質問】怪我の予防と対応について

スポーツに怪我はつきものです。怪我には防げる怪我と防げない怪我があります。一度怪我をしてしまうと、身体のコンディションを戻すのに時間を必要とします。また、怪我を恐れ、思い切ったプレーができなくなる恐れもあります。防げる限り、怪我の予防につとめましょう。各ご家庭で健康チェック(睡眠時間、食事、体温測定など)を行い、スポーツを行なえる準備をして練習に臨みましょう。スポーツを行なう際は肌の露出を減らし、サッカーの場合はすね当て、ソックスは必ず装着し練習を行ないましょう。SCD内では保険の加入を入会翌月の初旬に行います。入会月での事故は各ご家庭内加入での保険対応になりますので、各ご家庭内で必ずスポーツ事故に対応できる保険にご加入ください。

万が一練習中に怪我が起きた場合には、怪我の大小に関わらず病院にて診察を受けてください。初診終了後、SCD内で加入しております保険にて対応させて頂きます(SCDから保険会社へ連絡させて頂きます)。連絡に必要な病院名と診断結果(怪我の名称、箇所、全治)をスタッフに御伝え下さい。また、通院中に頂いた領収書はすべて保存しておいてください。保険会社連絡後SCD宛に保険会社より請求書類が届きますので、スタッフより用紙を受け取り、完治後に必要事項全てに記入し、保険会社へ送付ください。また、事故内容によっては保険金のお支払いが必ずしもできるとは限りません。保険会社様の判断になりますので、ご了承下さい。また、SCDでは主治医のスポーツドクターがいますので、身体に異変等ございましたらお気軽に相談ください。

関連する記事

Published in paper on 2014/01/21 at 1:08 AM by scd