SCD新聞(2014年2学期:厚木版)

平成27年1月4日発行 制作者:渡邉

16SCD新聞(2014年2学期:厚木版)

『謹賀新年』

あけましておめでとうございます。旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。おかげさまで今年SCDスポーツクラブも、厚木市の総合型地域スポーツクラブとして3年目を迎えます。みなさまのおかげで多くの方々がSCDスポーツクラブに来ていただいています。誠にありがとうございます。まだまだ組織的にも未熟でご迷惑をおかけする場面が多々あります。3年目を迎えるにあたり初心を忘れず、皆様にスポーツを通じて喜んでもらえるような組織作りに一層努力して参ります。

また、本年は来てくださる皆様が安心して集まれる『場所(グランド)』作りを邁進していきます。月/週によっては皆様に様々な場所へ移動していただきご迷惑、お手数をおかけしております。また駐車場において様々な意見を聞いています。安心して集まれる組織作りにおいては、SCDスポーツクラブ専用のグランド及び駐車場が必要不可欠だと考えています。SCDではまだまだ場所を確保する為の力が足りません。皆様の知恵や人脈を是非御貸しいただけたらと思います。SCDの理念を形に変えてくれそうな場所や人が居ましたら是非ご紹介ください。

今年もSCDスタッフ一同、全力でサポートにあたります。またSCDスポーツクラブがより一層地域のみなさまに愛される組織となれるよう努力して参ります。そのためにも、皆様方には率直な意見を是非スタッフまでお聞かせください。本年もどうぞよろしくお願い致します。

平成27年 元旦 SCD代表宇野

サッカースクールテーマ

9月
全身を使ったキック(ロングキック)
10月
空間認知(浮き球トラップ)
11月
全身運動(ステップからシュート)
12月
持久走 (ダッシュからシュート)

幼児サッカースクール

2学期では、練習試合、岡崎慎司カップU–6などたくさんの試合を行いました。多くの事が人生初めての経験の中で、1試合ずつの積み重ねが今の成長に繋がっていると思います。うまくいかないとき、負けているときでも、諦めることなく闘い抜けるようにもなってきました。また、普段の練習からSCDらしくどんな相手にも、どんな状況でも、『最後まで諦めない!!』『常に全力!!』をプレーで体現してくれています。サッカースキル以外の部分でも、『挨拶』『思いやり』など、人としての成長も見られました。今後も、選手一人一人がサッカーを楽しめるように、スタッフも全力でサポートしていきます。

サッカースクール

1学期に比べると、全体的に『出来る』ことが多くなり、すべてのレベルが向上してきました。練習前の挨拶や集合するスピード、また練習や試合で最後まで走りきれる選手が増えてきました。今まで、選手一人一人が積み重ねきた事が、最近では自然に出来るようにもなってきました。これからも、一人一人個性は違う選手達みんなが、もっともっとサッカーが夢中になり、今もっている力を最大限出し切れるような、環境造りをしていきたいと思います。

アスレチッククラブテーマ

9月 1歩を大きく/中間走
10月 コーディネーショントレーニング/加速+加速
11月 持久走/柔軟&リズム
12月 縄跳び/パワーコントロール

幼児運動教室

運動会に向けたスタート練習やボール投げ、縄跳びなど、今までよりも少し難しいトレーニングを行ないました。最初は苦手でも2回、3回と練習を重ねるうちに、より高度な動きも習得できました。今行なっている縄跳びでは、練習前や後にも練習し、意欲的に取り組めています。1学期と比べると運動量を増やしながらのトレーニングを行ないましたが、全員で励まし合いながら笑顔一杯で走り切ることができました。3学期ではまた気持ち新たに、たくさんの運動を通して、子ども達の成長の手助けができたらと思います。2015年も宜しく御願い申しあげます。

厚木アスレチッククラブ

基本となる動きをベースにより力みながら練習に取り組みました。また、2学期では体力UPを目標にマラソンや縄跳びなど積極的に行いました。年々子ども達の運動量も増え、マラソン大会でも多くの子ども達が優勝、入賞するようになりました。練習時から全力で取り組めている結果として試合でも程よい緊張の中で自信を持って挑戦できるようになりました。女子混成競技では大会新記録で優勝、幅跳びで神奈川県今季最高記録、マラソン大会優勝、駅伝入賞など多くの結果も出てきました。今年の大会に向けていい形で繋げる事ができました。何よりクラブ内での練習意欲が後輩達にも伝わり、いい雰囲気の中で練習ができています。今年も怪我なく、子ども達が楽しく練習環境を作っていきたいと思います。

海老名アスレチッククラブ

現在、ウォーミングアップで毎回1km走っています。
体育館での活動ですが、運動量を増やし体力UPを目指しています。1月の「海老名市駅伝競走大会」に参加をするため、長い距離に屈すること無く積極的に元気いっぱいに走り、また、縄跳びも同時に行い、リズム感、タイミングなどの運動神経を養っています。海老名ACは欠席者が少なく、毎回ほぼ全員が揃い、幼児~小学6年生までがコミュニケーションをとり活動することができているため、笑顔が多く楽しく活動することができています。今後も笑顔全開で頑張っていきたいと思います!

個人スクール(サッカー)

毎週月曜日、SELグランドのナイターにてSCD個人サッカースクールは開催されています。小学生から大人まで、あらゆる年代が同じピッチで戦っています。ただスクール生で参加出来るのはセレクションに合格したもののみ。来年度以降は中学生以上もセレクションを行う予定です。更にサッカーのスキルアップの場所とともに、こころも鍛える場所として厳しい戦いを行っています。SCDのベースでもある、サッカー選手である前に一人の人間として。サッカーのスキルだけではなく人として。そんなことを問いかける神聖な場所です!小学3年生以上のスクール生はいつでもセレクションを受けることが出来ます。是非チャレンジしてみてください!

個人スクール(アスレチック)

試合のない時期が続き、強化期として技術&体力UPを目標に取り組みました。基本となるドリル練習を徹底的に行なう他、落ちた体力を取り戻すために長めの距離やサーキットトレーニングを行ないました。基本動作を走りに落とし込む為に、疲れた状況を作り、その中でも良い走り方を意識して走る事を徹底し練習を実施。また、もっと全身を使えるようにボール投げや股関節の可動域を広げる運動など取り組みました。学年が上がる度に身体にかかる負担も上がるので、怪我になる時もあります。怪我したときでも次から身体を壊さない為に、しっかり準備しましょう。

はやぶさサッカークラブ

夏の合宿や試合でお互いをリスペクトし、はやぶさとしての自覚が芽生え始めた2学期。活動は週末の限られた時間の中ですが「すべてに全力」「何事にもあきらめずチャレンジする」「チームの為に走る」を常にテーマに練習や試合に取り組んできました。12月に行われた「岡崎慎司CUP11」では、大勢のSCDスクール生や保護者の観戦する中で、全員が最後まであきらめずに走り続けた試合を見せる事が出来ました。ピッチの外でもチームの片付けや挨拶なども、自然に出来ることも増えており、少しずつ確実に成長する姿をみせています!出来る事は確実に増えてきていますが、まだまだ出来る事は無限にあるので、今後が本当に楽しみ!一人一人が平日のスクール活動から、SCDジュニアの象徴としての自覚し、今後も更なる成長する姿をみせてくれるでしょう!

Jr.ユースサッカークラブ

1期生の公式戦(最終戦)が11月15日(土)星槎厚木グランドにて行われました。年間トータルの最終結果は5勝3分0敗の2位。惜しくも昇格は逃したものの見事無敗にて全日程を終了。勝つことだけが全てではない!ただスポーツは勝敗がつきもの。勝つ為に努力しなければスポーツをする意味が無い!1期生が真摯に、そして誠実にサッカーと向き合い戦ってきた結果だと思います。これからの人生において、必ずプラスとなることでしょう!また1月からは新体制のリーグも始まります。SCDジュニアユース2期生3期生ともに新たな挑戦が始まります。彼らも1期生同様に1年目は大苦戦するでしょう。でも1期生同様に真摯に打ち込めば必ず苦しみの先の喜びが待っている!信じてみんなで頑張ろう!!『子どものサッカーから大人のサッカーへ!!』

お知らせ

1、スクール生、クラブ生募集のお知らせ
2015年新規生募集を開始致しました。また、幼児教室に通っているスクール生の年長は小学生スクールに無料体験可能です。
・現年長さんはアスレチッククラブ1回、サッカースクール1回体験可
・外部生の年長さんも体験可です。入会は4月からですが予約受付可能です。各学年定数20名前後となっておりますので、募集打ち切りの場合も御座います。ご理解の程宜しくお願い申し上げます
・継続の判断は2月末までにスタッフにお伝えください。
2、年会費のお知らせ
・3月の引き落としの際、各スクールの年会費が引き落とされます。来年度の継続を行なわない場合は2月末までに必ずスタッフにお声掛けください。

関連する記事

Published in paper on 2015/01/13 at 11:37 AM by scd