幼児サッカー大会(2014年4月号:湘南版)

平成26年3月16日発行 第23部 制作者:竹下

11幼児サッカー大会(2014年4月号:湘南版)

『幼児サッカー大会/厚木カップ』成長の先に見えたもの

3月8日(土)、今年度最後の幼児サッカー大会が高田橋架橋下グラウンドにて行われました。厚木市を中心に12チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。SCDの子どもたちは、日頃の練習の成果を思う存分に発揮してくれました。どのチームよりもグラウンドを走り回り『全員サッカー』で溌剌とボールを追いかけました。この大会で最後になる年長さんチームが意地をみせてくれました。予選から決勝リーグまで、5試合で13得点!圧倒的な得点力で準優勝を獲得しました。今までの努力の証が結果として表れ、本当によく頑張りました。年中さんチームも、年上相手に怯むことなくがむしゃらにボールを追いかけ、全員で身体を張ってゴールを守る姿に成長が見られました。みんなでボールをつなぎ、何度も惜しいチャンスシーンをつくることができましき、確実に成長している年中さんチームの来年度の闘いが、今からとても楽しみです。この1年間で、成長した姿をみることができ、本当に感謝しています。

サッカースクール

1年生が大半を占める湘南サッカースクールでは個人スキルの向上をメインにTRを行っています。SCDで初めてサッカーを始めた子ども達。まずは自分の思うがままにボールを操れるよう、ボールに触る回数を多くしTRを行っています。もうすぐ1年!来年度のリーガロンドリーナで今年の屈辱を晴らすべく努力しています!みるみる上達する子ども達の活躍が楽しみです!

幼児サッカークラブ

(年中)
多くの試合を経験し、相手に恐れず向かって行く姿や、ボールを取られたら最後まで追いかけて奪い返す姿には、とても成長したこと実感しています。この1年でサッカーのルールも徐々に理解し、試合の間に行う『作戦タイム』では、みんなで話し合い、自分の意見を相手に伝えられるようになってきました。今年度も、引き継ぎ『常に全力』『最後まで諦めない』をモットーに、たのしく、げんきよく、サッカーを取組んで行きたいと思います。

(年長)
『激しく、がむしゃらに、そして華麗にゴールを量産するチーム』に変貌をとげた年長チーム! 湘南幼児サッカークラブの一期生として、礎を築いてくれました。結成当初を振り返ると、練習中にいなくなる子、ボールを仲間同士で取り合う子、そんな子どもたちがみるみる成長していく姿をそばで見ることができ、本当に感謝しています。最後の大会では、準優勝という目に見える結果が出せましたが、それに満足せず、小学生になっても今まで積み重ねてきたことを存分に発揮しよう!!
PS・・・年中さんの時の試合の映像を見返すと、成長した姿がみることができます!!(笑)

湘南アスレチッククラブ

今月のテーマは『全力』です。ジャンプ練習、スタート練習、ダッシュ練習を行い、今年度トレーニングしてきた、まとめ作業も同時に行っています。1年前と比べると大きく変化があり、「どのようにしたら、速く走れるのか」「どのようにしたら強くなるのか」を頭で理解出来るようになり、自らが考え、積極的に取り組めるようになりました。来年度は、自分自身の目標を明確にして、目標に向かい全力で取り組んでほしいと思います。

茅ヶ崎アスレチッククラブ

毎回、周りのクラブに負けないぐらい笑顔いっぱいで、明るく元気に活動することが出来ています。また、最後まで全力で力を抜くことなく、取り組むこともできています。それぞれが走り方に変化があり、特に 〝話しを聴き、理解する〟ことが出来ている子は、大きく成長をしています。今後は、身体を全力で動かすだけでなく、頭も全力で働かせ成長に繋げましょう!

ジュニアユース

毎週末、U15リーグがあり、試合に向けて練習しています。2年生にとっては、SCDジュニアユースでの仲間とサッカーをするのも残り1年!最近の試合では、コートの中で良く声が聞こえ、仲間に対して要求する声を掛けることができ、『闘う集団』になってきました。毎試合、全員が連動して得点を決めることができています。しかし、判断ミスや一瞬の隙をつかれ失点をする場面があります。この、一瞬の隙でやられないようにするために練習からいつも集中して取り組み、逆に一瞬の隙をつくことの出来るチームになろう!

マラソンクラブ(大人)

少しずつ長い距離に挑戦しています。茅ヶ崎柳島しおさい広場を出て、江ノ島を目指し、潮風を浴びながら、今流行の『スローラン』で気持ちよくランニングしています。ランニングは、〝身体と心〟をリフレッシュさせてくれます。ご興味がございましたら、皆様で楽しくランニングしましょう!遂に4月から、月謝制から回数券制となります。誰もが気軽に楽しめるランニングクラブとなります。詳細等はスタッフまでお願い致します。

個人スクール厚木(サッカー)

2月は雪の影響に練習機会が少なくなってしまいました。その中でもう一度個人スクールとは?というテーマに基づきサッカーの個人スキル向上は勿論、個人スクールに来る意味と小学生は個人スクールに入る条件は何だったのか?1時間という短い時間で何が出来るのか?を再確認しました。小学生はスクールをベースに更なる上を目指す人たちの集まり!中学生以上は学校及びクラブでは出来ない事をSCD個人スクールに来て学ぶ!そしてチームに戻りここで学んだことを発揮する!個人スクールとはそんな今に満足することなく更なる高みを目指す場所です!SCDスクール生の更なる挑戦も待ってます!

個人スクール(アスレチック)

3月にはいり、陸上の試合が始まりますので加速の練習を行なっています。今まで長めの距離を走っていましたが、短めの距離で一本一本全力で走るように心がけてトレーニングを行なっています。また、加速力を出すために瞬発系トレーニングを行なっています。その場でジャンプや、立幅跳(2m越)、高速腿上げなどを行なって、神経系にも刺激を与えています。冬場のキツイ練習を乗り越え、疲労が溜まっています。ケアを必ず行なうようにし、また怪我をした場合にはリハビリトレーニングや補強を実施し、更に強い身体で復帰できるようにしていきましょう!

【保護者様からの声】海老名アスレチッククラブ芦沢様

ashisawa

小さい頃から、走るのが大好きな息子でした。そんな子が「もっと早く走れるようになりたい」と言ったのがきっかけでした。習い始め前の体験では周りのお友達ともすぐに溶け込むことができ、息子も「来週から始めたい!」と目を輝かせながら私に言った事を今でも覚えています。習い始めてからちょうど一年経ちました。息子自身も少しずつではありますがタイムが縮んで来たと思います。息子の目標は運動会でリレーの選手になれるように頑張ること。その目標を達成できるよう、コーチの話やアドバイスをもっと真剣に聞いてほしいと思っています。そして息子に優しく、暖かく見守っていただき、竹下コーチにはいつも感謝しております。これからも宜しくお願い致します。

【ご挨拶とお知らせ】

いつも格別のご厚情誠に感謝申し上げます。平成23年9月より幼児サッカークラブからスタートし2年半が経ちます。また昨年9月には、より地域に密着した活動が出来るよう、一般社団法人SCD湘南スポーツクラブを立ち上げました。理事にはサッカー日本代表岡崎選手にもなって頂き、全面協力していただいています。今では幼児サッカー/アスレチッククラブ/サッカースクールとスクールも増え、皆様のおかげで多くの方々に参加いただいています。誠にありがとうございます。最近では雪等の悪天候の為ご迷惑をおかけ致しております。申し訳ございません。振替可能期間を延長し平成26年度『1学期』まで可能と致し対応させていただきます。また、先日ホームページをリニューアルし4月より各スクールのスケジュール(開催場所/時間/イベント等)がホームページのみの掲載となります。再度確認していただき登録をお願いします。閲覧方法等わからない場合にはスタッフにご相談ください。尚、SCD新聞もサイト内に掲載されます。必ずご確認ください。
今後もSCDスポーツクラブ発展の為、ご協力よろしくお願い致します。

SCD代表 宇野陽

関連する記事

Published in paper on 2014/04/17 at 11:18 AM by scd