イギリス研修 12/27~12/29 第2弾

試合を通して、多くの刺激を受け、日々成長していきました。

CIMG8483イギリス研修 12/27~12/29 第2弾

12月27日(5日目)は、世界的な有名なチェルシーとの試合をしました。また、試合会場もチェルシーのトップチームが使用している施設で、施設内には50面近いグラウンドが完備されており、スケールも日本とは桁違いの広さでした。イギリスに来て、海外のチームと試合を行うのも初めてということもあり、選手達はとてもモチベーションも上がり、体格で勝る相手チームに臆することなく試合を運ぶことが出来ました。しかし、相手も勝負に対するこだわりが非常に高く、SCDの選手達も同じピッチ内で試合を通して多くの刺激を受けました。
12月28日(6日目)は、トップチームも非常に強い、ブライトンのアカデミーチームと試合を行いました。選手達も日を重なる事に、勝負に対する気持ちも強くなり、その事でプレーにも変化が表れ、体格が大きな相手にも恐れることなく、ボールを奪いにいく姿勢や、試合中に声もよくでるようになってきました。選手達は、みるみる多くの事を吸収し、数試合の中でもサッカーに対する取り組みが目に見えてわかる程に成長しました。
12月29日(7日目)はロンドン市内のプレイヤーズファーストと試合を行いました。イギリスでの最後の試合ということもあり、今までやってきた事を、今まで感じたこと、自分の課題、チームの課題を整理し、イギリスに来て一番良い試合をする事をテーマに試合に臨みました。今回の相手チーム身体も非常に大きく、スピードもあり、強い相手でしたが、選手達はとても強い気持ちを持って、今もっている力を100%出し切ってくれました。現地でアテンドして頂いた方にも、イギリスに来て一番良い試合だった!!とお褒めの言葉も頂きました。

今回のイギリス研修を通して、日本では全く違う環境でサッカーを行い、とても多くの刺激を受けた事だと思います。
また、今回の研修を無事に開催出来たのも、参加して頂いた選手はじめ、各ご家庭の協力なしには実現できませでした。
本当にありがとうございます。
イギリス研修に参加したSCDの6名は、今後チームの中心になってくれることを楽しみにしております。

関連する記事

Published in news on 2017/02/07 at 2:14 PM by scd