SCDイギリス研修 12/23~12/26 第1段

世界のサッカー、文化に触れ、素晴らしい経験をしてきました。

CIMG8200SCDイギリス研修 12/23~12/26 第1段

12月23日〜29日まで、SCD初のイギリス研修を開催致しました。SCDからは、中学1、2年生合わせて、6名の選手が参加をしてくれました。また、神戸からはSUMAFCの8名が加わり、合計14名で今回の研修に望みました。まずは、羽田空港から北京空港に行き、そこからロンドンヒースロー空港に到着しました。選手達は長時間の移動もあり、少し疲れた様子で初日を終えました。12月24日(2日目)は、コンディション調整も兼ねて、一日中ロンドンの街を観光しました。テレビや写真などでみる、建設物などに選手達はとてもテンションも上がり、とても貴重な経験をしました。また、その日の夜に、選手達でミーティングを行い、仲間の名前や、仲間の特徴を知り、次の日の試合に向けてチームワークを深めました。12月25日(3日目)は、イギリスに来て初めての試合でした。対戦相手は、現地の日本人選手が所属しているサムライとの試合でした。SCDの選手達は、時差ぼけなどでなかなか想い通りに身体は動かない中でも、なんとか食らいつき内容のある試合となりました。試合の後は、現地チームとバーベキューで交流し、サッカーをやっている国は違えども、共通の話題『サッカー』があれば関係ありません。短い時間でしたが、とても盛り上がったイベントとなりました。12月26日(4日目)は、いよいよ待ちに待った、レスター試合観戦&岡崎選手の食事会です。本場のサッカーを目の辺りにした選手達は多くのことを感じたはず!!試合後は、岡崎選手の計らいでグラウンド内まで入れてもらい、そこでも多くの刺激を受けました。その後は、岡崎選手行きつけのお店招待してもらい、食事会、サイン会、質問タイムなど時間が許す限り、有意義な時間を過ごしことが出来ました。イギリスに来て、日本では経験出来ないことばかりで、選手達は1日1日を噛み締めながら生活する様子が印象的でした。

関連する記事

Published in news on 2017/02/01 at 9:05 AM by scd