サーフィン合宿2015 1日目

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12

夏休み最後のSCDイベント「サーフィン合宿」今年は最多の19名のチビサーファーが参加しました。

朝早い集合にもかかわらず、子供達のテンションはMAX。本来なら晴れて美しい海岸線も今回の合宿では見ることが叶いませんでしたが、景色よりも車内のお菓子に夢中でした。バスの中では10分おきに「着いた?」「あと何分?」「ここが伊豆」「今どれぐらい進んだ?」と聞いてきます。そうこうしているうちに無事、下田に到着!予定の時刻までゆっくりし、いざ宿泊地の白浜マリーナへ!みんな一斉に水着になり、慣れないウェットスーツを一生懸命着ていました。

合宿初の子供はまずビデオ講習から。心配だなぁと覗いてみると食い入るように一生懸命見ていました!そして、いよいよサーフィン講習!海を見てみると、子ども達のように大荒れの波ばかりです。

まずは陸の講習から。パドリングやテイクオフの練習です。パドリングをしながら子ども達は気付きました。「この浜の砂は泥だんごに最適だ!」そして、パドリングの練習をしてると見せかけ、掘った砂を綺麗に丸めていました。まんまるに綺麗に成形された泥だんご。なべコーチに見つけられ、瞬く間に砂へと戻りました。

そして、合宿の経験者達はすぐにボードを持って荒波へ。高い波に引きの強い波。さすがに無理かな〜と思っていたら一回で立ち上がりました。恐るべき子ども達。順次陸での講習を終えて、サーフボード片手に海へ!3時間程サーフィンを楽しみ一日目は終了。

おしゃれなマリーナのカフェで夕食タイム。合宿に慣れている高学年の子ども達が率先して配膳のお手伝い。その姿を見て、低学年の子ども達も成長してもらえたら思います。

夕食のあとは花火タイム。小雨も降り、風も強く開催が危ぶまれましたがなんとか開催してみました。大量にあった花火を遠慮もなくバンバン火をつける事により10分程で終了。来年はさらに用意したいと思います。

各自部屋に戻り就寝準備。歯磨きしながらウトウトする子どもいました。早めの就寝。しかし子ども達の中には世界陸上のリレー決勝をみたい!と強い要望があり、就寝時間を延長しました。子ども達が陸上に夢中になってくれて嬉しく思っていましたが、部屋から織田裕二の声ではなく松山ケンイチの声が聞こえてきました、、、

そしてすやすや子ども達は夢の中。二日目のブログは明日更新!お楽しみに!

関連する記事

Published in camp on 2015/09/03 at 10:34 AM by scd