「鈍足バンザイ!僕は足が遅かったからこそ、今がある」 岡崎慎司(著)

岡崎慎司著書の『鈍足バンザイ!僕は足が遅かったからこそ、今がある』が4月24日発売。特に際立ったスキルもないストライカー岡崎慎司がなぜ、ここまで到達できたのか。その秘密がこの一冊に詰まっています。

僕は欠点だらけのサッカー選手。足が遅い。背も低い。テクニックも無い。人気もない。そして、アタマもあまり良くない。でもそれが幸いした。「才能がない!」と、悟る事もないし、毎日強い課題意識をもって練習に取り組めるから。

内容
1章 僕はコンプレックスだらけ / 鈍足バンザイ! /ガムシャラバカからの脱却/チビでも大丈夫 / 基本、ネガティブ/不真面目か! /視野が狭い/猪突“盲”進 / 思考が単純/人気もない/センスがない / 2章 笑うオカザキに福きたる! / 3章 アマノジャクな成長論 / 4章 ゴールを奪うための心構え / 5章 ゴールは人との絆でとれるもの / 6章 ドイツで学んだこと / 7章 僕とワールドカップ

関連する記事

Published in books on 2014/04/30 at 2:34 PM by scd