スポーツに活きる! 正しい走り方講座 杉本龍勇(著)

この本には速く走るための方法が記されています。ただ「かけっこが速くなりたい」「運動会で1番になりたい」と思う人たちだけでなく、野球やサッカー、その他あらゆるスポーツに打ち込んでいる人たちにこそ見てほしい1冊です。すべての動きの根本とも言える「走る技術」を見直し、サッカーや陸上をはじめ、すべての運動競技における質の向上を目的としている。ストレッチからトレーニングまで、速く走る技術を伝授しています。

「サッカー日本代表の岡崎慎司選手は、Jリーグ入団当初は登録されている8人のFWの内「8番手の選手」だと言われていました。しかし今では日本代表のレギュラーとして、また海外のチームでも目覚ましい活躍を見せています。彼を変えた要素の1つが「走りの技術」であると言えます。そして彼を指導した方が、本書監修の杉本龍勇氏。サッカーに限らず、どのスポーツでも走ることが必要で、全ての動きの根本にあるものです。この走りの質を変えることで、あらゆるスポーツで競技力を向上させることができます。技術とは体力の上に成り立つものであり、走る力というのはもちろん体力に含まれます。体力という土台を鍛えることで、どのスポーツでも技術を伸ばすことができます。

岡崎慎司選手コメント

杉本さんの本が最近出たんですが、僕はプロになって知った知識が詰まってます!特に指導者の方や小学生、中学生、高校生のみなさんに読んでほしい!走る事の重要性!走りの基礎トレーニング!何のスポーツやるにしても大事やと僕は思います。何も考えずに今まで走ったり歩いたりしてたけど、これを読んだら変わります。

内容
Chapter1 「走ること」と「運動神経」の関係 / Chapter2 ストレッチ / Chapter3 動きづくり / Chapter4 トレーニング(発展) / Chapter5 様々なスポーツでの動き

関連する記事

Published in books on 2012/04/25 at 2:26 PM by scd