セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎

世界の走り/陸上リオ五輪選考会

  • IMG_2975
  • CIMG1855
  • CIMG1837
  • CIMG1843
  • CIMG1828
  • CIMG1817
  • CIMG1812
  • IMG_2975
  • CIMG1855
  • CIMG1837
  • CIMG1843
  • CIMG1828
  • CIMG1817
  • CIMG1812

2016年5月8日(日)セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎の観戦にアスリートクラブの選手が行きました。今大会には世界陸上で活躍する海外選手や日本代表選手が集まる、国内最大級の陸上大会です。

世界陸上でボルト選手と競い合った、ガトリン選手。世界リレーで見事銅メダルを獲得した日本代表選手の大瀬戸選手、桐生選手、藤光選手。ボルト選手の持つ大会記録を塗り替えたハキーム選手など多くの有名選手が出場しました。今年はオリンピックイヤーと重なり、2万5千人もの観客が川崎の等々力競技場に集まりました。自由席のため、あいている席を見つけるのも一苦労。。。アスリートクラブの選手達は自分の種目が行われる近くの席に散って観戦!

最初の種目では、女子日本代表リレーメンバーの走りを見る事ができました。やり投げの世界陸上メダリスト。走高跳で2m30cmを軽々越える選手。走幅跳で8m近く跳ぶ選手など、目の前で同じ人間が起こす超人技にただただ驚くばかりでした。そして今大会の注目は男子100m。ガトリンVS桐生VSハキーム選手の直接対決です。会場内は異様な雰囲気。満員のホームスタンドがスタート前は静かになり、選手が走りだすと、あまりの速さに歓声が沸きあがります。

大会後は日本代表選手の大瀬戸選手にサインを頂きました!中学生から日本一を経験し、高校、大学、シニアの各カテゴリーで日の丸を背負い、様々な大会記録を塗り替え、高校記録(同時)も樹立した選手。色々な質問にも快く応じてくださいました。お疲れの中、ありがとうございました!

自分の身体と体力のみで競い合う陸上競技。SCDの選手たちは目の前の選手を見て「姿勢がいい」「腕を大きく振っていた」「足が上がっている」など、自分たちに足りない動きに気づく事ができました。トップ選手の動きを良いイメージで残し、自分の動きに還元できるように日頃の練習から意識していきたいと思います!そして、いつかあのスタートラインに立てる事を目標にしていきたいと思います!

関連する記事

Published in blog on 2016/05/13 at 12:35 PM by scd